特別受益の実際

特別受益という言葉、みなさんは聞いたことはあるでしょうか。

これは、被相続人が亡くなる前から、既に相続財産に値するような
多額の恩恵を受けていたような人が対象となることがあるというものです。
多額の経済的援助を受けた場合に、その受けていた相続人の相続財産が幾分か削減されるというものです。

相続人の中で、兄弟、姉妹など複数の人がいる場合に、ごく少数の一人や二人だけが多くの財産を
既にもらっている場合には、他のもらっていない兄弟、姉妹からの不公平感を是正するためのものです。

基本的に被相続人の妻は2分の1を受け取ることが出来る、その子がいれば、
残り2分の1を兄弟、姉妹間で平等に均等に分けるというのが基本的セオリーとなります。
だから、兄弟、姉妹は基本的には受け取る金額は、同じということになります。

ところが、生前、多額の資金を受けていた場合に単純に均等に分配するということになると
不公平感が生まれ、不平不満を言う相続人が出てくるのです。

それによって、相続財産を分割できずに長期間時間が経ち、
お互いが疲弊してくるということもあるのです。

相続財産は、相続人全員の共有だから全員が合意しないと財産を実際に分割する事が出来ないのです。
誰かが、反対するだけで、相続財産を処分、受け継ぐということができなくなるのです。
だから不平不満を言う人がいる場合に、調整するためにあるものが特別受益というものです。

ところが特別受益の実際というのは、ほとんど考慮されないことが多いらしいのです。
実際、生前にどの程度、被相続人から受け取っていたなどの事実はあったとしても
私立の高額な教育費を出したからといってもそれには該当しないですし、子供が住宅を買うために
住宅取得資金の援助をしたからといっても該当しないのでほとんど適用されない事がばかりです。

そういった特別受益は実際には認められないことも多かったりしますので、
なおさら、兄弟、姉妹間で納得感が得られず、争いになったりするのでしょうね。
この税制措置といっても、なかなか難しい問題です。