遺産分割協議

遺産分割協議を行うにあたり、気をつけるべき点などをご説明しましょう。
いろいろな資産を含む相続において遺産分割協議においてのポイントです。

遺産分割の協議は、ほとんどの場合で親族間で、もめごとになるケースが通常です。
相続人となったときに、少しでも遺産が手元に入ると大変助かるというケース、
または、自分以外の別の兄弟、姉妹がなんの苦労もなく、大金や不動産などを手に入れる事が
出来るということ自体もしゃくにさわるなどの気持ちが芽生えてくるのだそうです。

遺産分割協議において相続人が複数いた場合には、
たった一人だけの判断で遺産を処分することが出来ないのです。
だから、遺産分割協議は、皆で話し合いをすることが必須です。

皆の考え方に合意がないと、一人だけで処分する事が出来ないとなると話し合いを持って、
出来るだけ納得のいくかたちで話を進めていかないといけないということになるでしょう。

相続放棄をするのはいいですが、それでも弊害が出る場合がありますので、
いろいろと気を付けなければなりません。

遺産分割の協議の際には、相続人同士で話し合うという場合もありますが、
そうではなく、弁護士など法律の専門家を交えて話をすることもあります。

感情的にならずに済むということもありますが第三者を通して話を聞くと、
もしかしたら、伝言からだと、大変印象の悪い言い方をしているようにも聞こえかねません。

もちろん専門家を通して、協議を進めていくのは悪い事ではありませんが、
言葉の選び方が悪いと第三者を通して、というかたちになるとこれもトラブルの元となりかねません。
人づてに話を聞くと不本意なことを聞いた場合に大変憤慨しやすいということもあります。

このようなトラブルにならないために、また兄弟、姉妹、叔父、叔母、父、母などの親族と
出来るだけスムーズに相続分割協議をしていくためには、専門家を交えたうえでの
自分自身もある程度コミュニケーションをとっていくことをお勧めしたいです。

誰でもトラブルを起こしたい、もめたいなどと思う人はいないのですから。