法定相続分

相続人には、法律で決まった相続分があります。
財産の取り分をあらかじめ割合、残された法定相続人の属性によって決められています。
法定相続分とは、妻が最も多く、その次に子供、その次に、両親、その次に兄弟、姉妹となります。

この法定相続分をめぐる、相続争いが起こることもあります。
例えば、被相続人の妻が、相続財産を最も多く受け取る権利があるとされていますが、
これにより、納得がいかないと主張してくる、親や子供が出てくるというケースもあります。

妻に対しての好き嫌い、故人の生前の妻の立ち振る舞いにより、
子供や親が物言いをしてくるということもあり得るのです。

ただ、やはり法定相続分というものは決まっており、妻の権利や取り分が多いとされているので、
他の親族の納得感が、理屈ではない状況に陥るということもあるのです。

被相続人の親としては、姑、舅という立場で、妻に対して、不快感を持っていたりすると、
妻の相続に対して、妨害行為などもあったりするようです。

また、被相続人と妻の婚姻期間が短いと感じるような親族がいれば、
これもまた納得感を得る事ができない格好の口実とされるわけです。

法定相続分というものがあるだけで、最終的には妻が守られて、多く財産を受け取ることが出来る
という結果に落ち着くケースが多いのですが、こんなところでも親族間の争いが生じるわけです。

それにより憎しみ、嫌悪感を抱き、連絡をしない、親族としての縁を切る、
音信不通といった事態になります。

なぜ、人はここまで、財産やお金にこだわってしまったり、欲を張ったりするのでしょうか。
そこまでお金が必要なのか、そこまで多くの財産を得て、楽をしていきたいのでしょうか。

相続を迎えた人に立ちはだかる疑問や世の中の不条理を痛切に感じる人もいることでしょう。
人生に何度も経験する事のない相続なので、より精神的にも大打撃を与えられます。

人の欲望は、際限がないものであるということは、この相続問題のときに
より強く感じられるかもしれません。