被相続人の権利

被相続人にも権利があります。
元々自分自身が気づいた資産であることが多いので、どのように処分して欲しいかなどを
しっかりと意思表示するという権利あります。
それが遺言によって、権利を主張できるということにつながっています。

遺言は相続人に対しての最後のメッセージといえるでしょう。
ただ、この被相続人の権利を行使する事は、ときに、相続人にとって、嫌なものになることもあります。

相続人にとっては、出来るだけ多くの財産を受け取っていきたいのに、被相続人からの権利の行使、
遺言というものによって、大変気に入らない事実になることもあります。

遺言書の作成には、しっかりと勉強した上で行いましょう。
遺言の残し方によっては、効力が発生しない場合などもあり得るからです。

遺言の残し方にも、自筆証書遺言、公正証書遺言などがあります。
遺言は最も新しい、直近のものが有効とされます。
公正証書に出向いて、最新のものに書き換えて、気持が変わったら、書き換えていく
という方法が最も安全で確実でしょう。

自宅のタンスなどに、レポート用紙や便箋に手書きで書いたようなものは、
いつでも、破棄や改ざんをされかねません。

実際にそれを見た相続人が、自分にとって不利になる条件のものだと
不法行為の破棄や改ざんをされかねないということです。

第三者が適切に管理してくれるようなものが良くて、
誰にも変更などいじったりすることが出来ないことがよいのではないでしょうか。

被相続人の権利は、最後の権利行使であり、最後のメッセージですので、
これを行使できないのはとても残念ですので、確実に実行していくことをお勧めします。